まめしみ

やったことを淡々と書く


ブログ(WordPress)立ち上げに向けてWebサーバソフトウェアをインストールします。

フリーソフトウェアとして無償で公開されているapacheを使用します。

ソースからコンパイルしてインストールします。


apacheインストール

 

1.作業ディレクトリ作成

mkdir ~/parts
cd ~/parts

ホームディレクトリ直下にpartsディレクトリを作ります。

作成したpartsディレクトリに移動し、ここで以下の作業を行うことにします。

 

 

2.apacheのダウンロード & 展開

wget http://www.meisei-u.ac.jp/mirror/apache/dist//httpd/httpd-2.2.19.tar.gz
tar zxvf httpd-2.2.19.tar.gz
cd httpd-2.2.19

wgetコマンドを使用してapacheをダウンロードします。

※URLは設定時点で最新のものです。apache公式サイトで最新のダウンロードURLを確認してください。

ダウンロードしたファイルをtarコマンドで展開し出来たディレクトリに移動します。

 

 

3.必要なライブラリをインストール

yum list openssl-devel
sudo yum install openssl-devel

configureオプションに「–enable-ssl」をつける予定なので必須となるライブラリを追加します。

yum list コマンドでopenssl-develfがインストールされているか確認しています。

「installed」で表示されたらインストール済みです。なければインストールしましょう。

 

 

4.apacheインストール

//2~7行目までで1つのコマンドです。
./configure \
--prefix=/usr/local/apache2 \
--enable-ssl \
--enable-rewrite \
--enable-proxy \
--enable-proxy-ajp \
--enable-so \
--enable-shared

make
sudo make install

インストール先は「/usr/local/apache2」として、その他オプションはご覧の通り。

コンパイルしてインストール!!

 

 

5.apacheの自動起動設定

sudo vi /etc/init.d/apache
=============================
#!/bin/sh
#
# chkconfig: 35 85 15
# description: apache 2.2.19

apachectl="/usr/local/apache2/bin/apachectl"

case "$1" in
start|stop|restart|fullstatus| \
status|graceful|graceful-stop| \
configtest|startssl)
$apachectl $@
;;
*)
;;
esac
=============================
sudo chmod 775 /etc/init.d/apache
sudo chkconfig --add apache

シェルを作成して実行権限を付与します。

chkconfig に登録します!

以下のサイトを参考にさせていただきました。
kazmax.zpp.jp Linuxで自宅サーバー

 

 

6.apacheユーザー作成

sudo groupadd apache
sudo useradd -d /var/empty/apache -s /sbin/nologin apache

apacheグループを作ります。

ユーザーapacheをapacheグループで作成。

 

 

7.httpd.confの設定

sudo vi /usr/local/apache2/conf/httpd.conf
//以下の箇所を変更
=============================
ServerName yymomomomoyy.com
User apache
Group apache
=============================

httpd.confを編集します。

ServerNameを自分のドメインにします。

User、Groupの設定をapacheに変更します。

これでapacheユーザーでhttpdプロセスが起動されます。

 

 

8.apache起動

sudo service apache start

「5.apacheの自動起動設定」でchkconfigに登録したのでserviceコマンドから起動できます。

ブラウザからアクセスして確認してみましょう!問題なければ「It works!」と表示されます。

※これはデフォルトのドキュメントルートにある「/usr/local/apache2/htdocs/index.html」です。

 

 

 

とりあえず起動までの手順はこれで終わります。

 

 

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply